○篠栗町職員に対する被服貸与規程

平成10年3月31日

規程第5号

(目的)

第1条 この規程は、別に定めるものを除き、篠栗町職員(篠栗町職員定数条例(昭和44年条例第20号)に定める職員をいう。以下同じ。)が職務の遂行上必要とする被服等の貸与について、必要な事項を定めることを目的とする。

(貸与品及び貸与期間)

第2条 被服の貸与を受ける職員、貸与品及び数量は別表のとおりとし、貸与期間は職員の在職期間とする。

2 被服を貸与することが不適当と認められる者に対してはこれを貸与しない。

3 別表に掲げられていない職員であっても職務の遂行上必要である場合は、貸与品を定めて貸与することができる。

(貸与品の取扱)

第3条 貸与品は平素丁寧に取扱い、汚損したときは、自費をもって直ちに修理しなければならない。

2 貸与品を故意又は過失により、毀損若しくは紛失したときは、その修理に要する費用又は貸与品の実費に対する使用残存期間に相当する額を弁償させるものとする。

(貸与品の破損、紛失等の場合の措置)

第4条 被服等が滅失、紛失又は甚だしく毀損した場合は、直ちに理由を付して総務課長に届け出なければならない。

2 前項の届出により、総務課長は、職員の故意又は過失でない場合は、再貸与の手続きをとるものとする。

(貸与台帳の整備)

第5条 総務課長は、貸与品を貸与品台帳に記載しなければならない。

2 町長は、貸与品及び業務の種類により、所属長に一括貸与することができる。

(貸与品の着用)

第6条 職員は、その業務に従事中、貸与品を必要に応じ着用しなければならない。

(臨時職員及び非常勤職員に対する貸与)

第7条 第1条の規定にかかわらず町長は臨時職員及び非常勤職員についても被服等を職員に準じて貸与することができる。

(補則)

第8条 この規程の施行について必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成10年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程施行の日において、現に貸与を受けている被服等については、この規程により貸与されたものとみなし、使用期間の計算については実際に貸与を受けたときから起算する。

附 則(平成14年3月29日規程第2号)

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月23日規程第1号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)

貸与を受ける職員

貸与品

数量

現場での作業及び監督に従事するもの

作業服

1

1

防寒衣

1

雨合羽

1

作業帽

1

ヘルメット

1

安全靴

1

ゴム長靴

1

篠栗町職員に対する被服貸与規程

平成10年3月31日 規程第5号

(平成27年4月1日施行)