○篠栗町職員安全衛生管理規程

昭和61年10月1日

規程第8号

(目的)

第1条 この規程は、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号。以下「法」という。)に基づき、篠栗町職員(以下「職員」という。)の労働安全と労働衛生について必要な事項を定め、快適な職場環境の形成を促進するとともに、職員の健康の保持に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この規程において「職員」とは、篠栗町職員定数条例(昭和44年条例第20号)第2条に規定する職員及びこれに準ずる職員をいう。

(職員の責務)

第3条 職員は、常に自己管理を図り、最良の健康状態を保持するとともに、快適な職場環境の形成に努めなければならない。

2 職員は、第6条に規定する衛生委員会の委員及び産業医が行う衛生管理上の措置に従い、協力しなければならない。

(衛生管理者)

第4条 法第12条第1項の規定に基づき、衛生管理者を置く。

2 衛生管理者は1名とし、町長が任命する。

3 衛生管理者は、次の各号に掲げる職務を行わなければならない。

(1) 職員の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること。

(2) 職員の安全又は衛生のための教育の実施に関すること。

(3) 健康診断の実施その他健康管理に関すること。

(産業医)

第5条 法第13条の規定に基づき、産業医を置く。

2 産業医は1名とし、町長が委嘱する。

3 産業医は、次の各号に掲げる職務を行わなければならない。

(1) 健康診断の実施、その他職員の健康管理に関すること。

(2) 衛生教育、その他職員の健康の保持増進をはかるための措置で、医学に関する専門的知識を必要とするものに関すること。

(3) 職員の健康障害の原因の調査及び再発防止のための医学的措置に関すること。

(衛生委員会)

第6条 法第18条の規定に基づき、衛生委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会は、次の各号に掲げる項を調査審議し、町長に意見を具申する。

(1) 職場環境の整備及び改善に関すること。

(2) 安全衛生教育の実施計画に関すること。

(3) 健康障害の原因及び再発防止対策に関すること。

(4) 休職者、長期欠勤者その他健康に異常のある者に関すること。

(5) その他安全衛生に関する必要な事項

(委員会の構成)

第7条 委員会は、次の者をもって構成する。

(1) 副町長

(2) 衛生管理者

(3) 職員のうちから町長が指名する者

2 前項第3号に掲げる委員の定数は5人とし、そのうち2人は篠栗町職員労働組合の推せんに基づき町長が指名する。

(任期)

第8条 前条第1項第2号及び第3号の委員の任期は、2年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任することができる。

(委員長)

第9条 委員会に委員長を置き、副町長をもって充てる。

2 委員長は、会務を総括し、委員会を代表する。

3 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名した委員が代理する。

(委員会の開催)

第10条 委員会の会議は、委員長が招集し、委員長が会議の議長となる。

2 委員会は年2回以上開催しなければならない。

3 委員会は、委員の過半数が出席しなければこれを開催することが出来ない。

(委員会の事務局)

第11条 委員会の事務局は、総務課内に置く。

(秘密を守る義務)

第12条 職員の安全衛生管理に関する事務に関与した者は、その職務上知り得た職員の秘密をもらしてはならない。

(補則)

第13条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は委員長が定める。

附 則

この規程は、昭和61年10月1日から施行する。

附 則(平成15年5月7日規程第5号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年3月23日規程第2号)

(施行期日)

1 この規程は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月27日規程第3号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

篠栗町職員安全衛生管理規程

昭和61年10月1日 規程第8号

(平成19年4月1日施行)