○篠栗町職員証明書規程

平成13年4月13日

規程第2号

(目的)

第1条 この規程は、篠栗町職員(以下、「職員」という。ただし、臨時職員は除く。)の職員証明書(以下「証明書」という。)について必要な事項を定めることを目的とする。

(証明書の発行)

第2条 職員に対しては、証明書(別記様式)を発行する。

(使用)

第3条 職員は、証明書を他人に貸与し、若しくは譲渡し、又は不正な目的で使用しては、ならない。

(携帯)

第4条 職員は、証明書を常に携帯しなければならない。

(再交付)

第5条 職員は、証明書を紛失し、又は著しく汚損したときは、直ちに届け出て再交付を受けなければならない。

(返還)

第6条 職員は、退職し、又は町の他の機関に転任したときは、直ちに証明書を返還しなければならない。

(有効期間)

第7条 証明書の有効期間は、原則として発行の日から4年以内とする。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行し、平成13年4月1日から適用する。

(篠栗町職員身分証明規程の廃止)

2 篠栗町職員身分証明規程(昭和46年規程第3号)は、廃止する。

画像

篠栗町職員証明書規程

平成13年4月13日 規程第2号

(平成13年4月13日施行)