○篠栗町公益的法人等研修員受入要綱

平成14年3月29日

要綱第10号

(目的)

第1条 この要綱は、公益的法人等の職員を研修員として受け入れることにより、篠栗町と公益的法人等との相互理解の促進を図るとともに、職員相互の交流を通して職員の意識改革と職場活性化を図り、もって町行政の円滑かつ効率的な執行に資することを目的とする。

(受入れ期間)

第2条 研修員の受入期間は、原則として3年以内とする。ただし、町長が特に必要と認める場合は、当該研修員を派遣する公益的法人等(以下「派遣法人」という。)と協議の上、受入期間を変更することができる。

(受入れ方法)

第3条 研修員は、派遣は法人の職員としての身分を保有したままで、町行政に関する実務研修に従事する。

(配置及び担当業務)

第4条 研修員の配置及び担当業務は、派遣法人と協議の上、町長が定める。

(人件費等の負担)

第5条 研修員の給料及び諸手当等はすべて派遣法人が負担するものとする。

2 研修員が町の用務により出張する場合、当該出張に要する費用については、町の関係規程を適用し、町が支払うものとする。

(服務等の取扱い)

第6条 研修員の勤務時間及び休日については、町の一般職員の例によるものとし、休暇については、派遣法人の制度を適用する。ただし、これによることができない場合は、派遣法人と協議の上、定めるものとする。

2 研修員が従事する担当業務に関しては、町長が指定する者が指揮監督を行うものとし、派遣法人は、研修員に対し、当該指揮に従うこと及び町において知り得た秘密を研修期間中はもとより研修終了後においても漏らしてはならないことを義務付けるものとする。

3 研修員が前項の義務に違反した場合は、派遣法人は当該研修員の懲戒を行い、かつ、町の損害を賠償するものとする。

(研修の取り止め)

第7条 町長は、研修員が次の各号の一に該当する場合は、研修を取り止めることができる。

(1) 職務上の義務に違反し、又は職務を怠った場合

(2) 全体の奉仕者としての業務に従事する者にふさわしくない非行があった場合

(3) 前2号に規定する場合のほか、研修員に必要な適格性を欠くことが明らかになった場合

(災害補償等)

第8条 研修員に対する災害補償及び社会保険その他の福利厚生に関する制度については、派遣法人の制度を適用するものとする。

(協定の締結)

第9条 町長は、この要綱の規定に基づく公益的法人等研修員受入制度の実施について、派遣法人と個別に協定を締結するものとする。

(委任)

第10条 この要綱に定めるもののほか、公益的法人等の研修員の受入れ実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成20年9月22日要綱第12号)

この要綱は、平成20年12月1日から施行する。

篠栗町公益的法人等研修員受入要綱

平成14年3月29日 要綱第10号

(平成20年12月1日施行)