○篠栗町職員の任用替に関する要綱

平成14年3月20日

要綱第2号

(目的)

第1条 この要綱は、任用替による職員の任命に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条 任用替とは、職員を昇任及び降任並びに転任以外の方法で、その職員の現に有する職から他の職に替える(配置替えを除く。)ことをいう。

(任用替の事由)

第3条 任用替は、町の業務上又は人事行政上特別の事由がある場合に行うことができる。

(任用替試験)

第4条 単純な労務に雇用される職員の給与の種類及び基準に関する条例(昭和43年条例第18号)第1条に規定する職員で、次の各号に掲げる要件に該当する者は、篠栗町一般職の職員の給与に関する条例第1条に規定する職への任用替試験を受けることができる。

(1) 現業職から一般事務職に転向して概ね2年以上在職していること。

(2) 良好な成績で勤務していること。

2 試験は、次の各号に掲げる事項について行う。

(1) 面接試験

(2) 作文試験

(3) その他職務遂行能力を判定するための試験

(任用替の決定)

第5条 町長は、欠員の状況、職員の採用計画、人事配置上の事情等を勘案し、任用替試験において合格した職員の任用替を決定する。

(給料)

第6条 この要綱により任用替を行った職員の任用後の給料月額は、任用替前の労務職給料表と同じ額の号給に対応する行政職給料表の号給の額とする。ただし、同じ額の号給がないときは、直近上位の額の号給とする。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

篠栗町職員の任用替に関する要綱

平成14年3月20日 要綱第2号

(平成14年3月20日施行)

体系情報
第4編 事/第1章 定数・任用
沿革情報
平成14年3月20日 要綱第2号