○篠栗町防災会議運営規程

昭和45年7月1日

規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、篠栗町防災会議条例(昭和45年条例第14号)第5条の規定に基づき、篠栗町防災会議(以下「防災会議」という。)の議事その他運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(招集)

第2条 防災会議の招集は、会長が行う。

2 委員は、やむを得ない理由により、防災会議に出席できないときは、その旨会長に届け出なければならない。

(会議)

第3条 防災会議は、委員の総数の2分の1以上が出席しなければ議決をすることができない。

2 会長は、会議の議長となり、議事を掌理する。

3 防災会議の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(専決処分)

第4条 防災会議が成立しないとき、防災会議を招集する暇がないと認めるとき、その他やむを得ない事情により、防災会議を招集することができないときは、会長は防災会議が処理すべき事務のうち、次の各号に掲げる事項について専決処分することができる。

(1) 篠栗町地域防災計画に基づき、その実施を推進すること。

(2) 災害に関する情報を収集すること。

(3) 災害応急対策及び災害復旧に関し、関係機関相互の連絡調整を図ること。

(4) 非常災害に際し、緊急措置に関する計画を作成し、その実施を推進すること。

(5) 関係機関の長に対し、資料又は情報の提供、意見の開陳その他必要な協力を求めること。

(6) 緊急事態の発生により、早急に決定を要すること。

(7) その他軽易な事項に関すること。

2 会長は、前項の規定により、専決処分をしたときは、次の防災会議に報告しなければならない。

(会議録)

第5条 会長は、職員をして会議の概要、出席委員の氏名等必要な事項を記載した記録を作成させ、保管しなければならない。

(庶務)

第6条 防災会議の庶務は、篠栗町総務課において行う。

(雑則)

第7条 この規程に定めるものを除くほか必要な事項は、会長が定める。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和48年5月2日規程第6号)

この規程は、公布の日から施行し、昭和48年4月1日から適用する。

附 則(昭和50年12月26日規程第6号)

この規程は、公布の日から施行する。

篠栗町防災会議運営規程

昭和45年7月1日 規程第3号

(昭和50年12月26日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 災害対策
沿革情報
昭和45年7月1日 規程第3号
昭和48年5月2日 規程第6号
昭和50年12月26日 規程第6号