○篠栗町印鑑条例施行規則

昭和47年4月1日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、篠栗町印鑑条例(昭和47年条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(申請書等の受理)

第2条 町長は、条例又はこの規則の規定による申請又は届出があったときは、申請者又は届出者の住所、氏名及び生年月日を住民基本台帳と照合して受理するものとする。

(確認の方法)

第3条 条例第5条第1項の申請意思の確認については、次の方法のうち適当と認めるものによるものとする。

(1) 官公署の発行した免許証、許可証又は身分証明書であって本人の写真を貼り付けたものを提示したとき。

(2) 申請人の面識のある町の職員が本人であることを文書により証明したとき。

(3) その他町長が本人であることを確認することができる資料の提示があったとき。

(印鑑登録原票に使用する印肉)

第4条 印鑑登録原票の印鑑は、朱肉、黒肉又は町長の認めるインクを使用しなければならない。

(印鑑登録原票の保管及び消除)

第5条 印鑑登録原票は、最も安全かつ確実な方法により保管するものとする。

2 条例第9条の規定により印鑑登録を廃止したときは、廃止の日の属する年別に五十音順に整理し、廃止印鑑簿に収録するものとする。

(印鑑登録証明書)

第6条 印鑑登録証明書は、印鑑の登録を受けているものに係る印鑑登録原票に登録されている印影の写し(印鑑登録原票に登録されている印影を光学画像読取装置(これに準ずる方法により一定の画像を正確に読み取ることができる機器を含む。)により読み取って磁気ディスクに記録したものに係るプリンターからの打出しを含む。)について町長が証明するものとし、あわせて次に掲げる事項を記載するものとする。

(1) 氏名(外国人住民に係る住民票に通称が記載されている場合にあっては、氏名及び通称)

(2) 出生の年月日

(3) 男女の別

(4) 住所

(5) 外国人住民のうち非漢字圏の外国人住民が住民票の備考欄に記録されている氏名の片仮名表記又はその一部を組み合わせたもので表されている印鑑により登録を受ける場合にあっては、当該氏名の片仮名表記

2 印鑑登録証明書は、電子計算機により作成する。ただし、電子計算機によることができないときは、複写機又は直接押印して印鑑登録証明書を作成することができる。

(文書の保存期限)

第7条 印鑑に関する文書の保存期限は、次のとおりとする。

(1) 廃止した印鑑登録原票 削除した日の属する年の翌年から5年

(2) 印鑑登録、再登録、廃止申請書、印鑑登録証明交付申請書 届出の日の属する年の翌年から5年

(3) 印鑑廃止届、照会による回答書、その他の文書 届出の日の属する年の翌年から2年

(申請書等の様式)

第8条 印鑑登録並びに登録証明に関する届書、申請書等の様式は、次の各号の定めるところによる。

(1) 印鑑登録・再登録・廃止申請書 様式第1号

(2) 印鑑登録照会書 様式第2号

(3) 印鑑登録原票 様式第3号

(4) 印鑑登録証 様式第4号

(5) 印鑑登録証明交付申請書 様式第5号

(6) 印鑑登録証明書 様式第6号

(7) 印鑑登録証明書交付通知書 様式第7号

附 則

この規則は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年4月1日規則第3号)

この規則は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和57年10月1日規則第9号)

この規則は、昭和57年10月1日から施行する。

附 則(昭和58年3月25日規則第2号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成2年12月27日規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成3年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の篠栗町印鑑条例施行規則第8条に基づいて作成された印鑑票は、改正後の篠栗町印鑑条例施行規則第8条の印鑑票とみなす。

附 則(平成5年12月27日規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成6年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の篠栗町印鑑条例施行規則第8条に基づいて作成された印鑑登録証は、改正後の篠栗町印鑑条例施行規則第8条の印鑑登録証とみなす。

附 則(平成16年9月17日規則第11号)

この規則は、平成16年10月1日から施行する。

附 則(平成24年6月20日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年7月9日から施行する。

(篠栗町印鑑条例施行規則の一部改正に伴う経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前の篠栗町印鑑条例施行規則第6条の規定に基づき作成された印鑑登録証明書は、改正後の篠栗町印鑑条例施行規則第6条の規定に基づき作成されたものとみなす。

附 則(平成28年3月22日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行し、改正後の篠栗町印鑑条例施行規則は、平成28年1月1日から適用する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、改正前の様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

篠栗町印鑑条例施行規則

昭和47年4月1日 規則第1号

(平成28年3月22日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第6節
沿革情報
昭和47年4月1日 規則第1号
昭和52年4月1日 規則第3号
昭和57年10月1日 規則第9号
昭和58年3月25日 規則第2号
平成2年12月27日 規則第4号
平成5年12月27日 規則第9号
平成16年9月17日 規則第11号
平成24年6月20日 規則第12号
平成28年3月22日 規則第12号