ささぐりトピックス


勢(きお)い水 心おどらす 水しぶき
7月13日(土曜日)、篠栗町の夏の風物詩『篠栗祇園夏まつり』が開催されました。
たくさんの露店が立ち並び、色とりどりの浴衣や花火が夏の篠栗町を彩りました。
詳しく見る
消防団 日頃の鍛錬 発揮して
6月30日(日曜日)に粕屋町の中部消防署で、平成25年度篠栗町消防団消防操法大会が開催されました。時折、小雨が降る場面もありましたが、他の消防団員や消防団OB、家族の声援を受けながら、真剣な眼差しで鍛錬の成果を披露していました。
詳しく見る
山王に 彩り添えて まちづくり
6月になり、少しずつ夏が感じられる季節になりました。
梅雨の時期を迎えて気温も湿度もどんどん上がり、うなだれるようなじめじめした暑さの中、元気に花を咲かせている花壇があります。
詳しく見る
大空を 元気に泳ぐ こいのぼり
5月の風物詩といえば、こいのぼり。
今年もこいのぼりの季節がやってきました。
篠栗町のカブトの森公園でも、大小50匹ものこいのぼりが仲良く大空を泳いでいます。
詳しく見る
運動教室で 普段と違う音楽♪活動を満喫
音楽活動を行っている3人の介護支援ボランティアの会員が、運動をメインに行う教室に伺い、それぞれの持ち味をいかして、音楽の楽しさを披露しました。
詳しく見る
音楽の介護支援ボランティア活動を紹介します
キーボード教室生のうち介護支援ボランティアに登録している方が、音楽の楽しさを味わってもらおうと、運動教室受講生のもとに出向きました。
初めは緊張気味の教室でしたが、音楽を通して少しずつ緊張がほぐれ・・・。
詳しく見る
「続・元気もん調査」のご協力ありがとうございました
昨年、元気もん調査に協力した方のうち、40人の方が体力測定・頭の元気度測定など「続・元気もん調査」に、再度ご協力いただきました。その結果報告会では、30人もの方が参加され、・・・。
詳しく見る
津波黒区と大勢門区の合同体力測定会を開催しました
昨年、九州大学の協力を得て、津波黒区と大勢門区において、高齢者を対象とした運動教室を3か月間、毎週開催しました。
参加者から「このまま終わるのはもったいない」という声が上がり、2地区とも現在月に2回、この運動教室を開催しています。
詳しく見る
寸劇を通じて「認知症」の理解を深めました
篠栗町と社会福祉協議会では、町民の皆さんに「認知症」についての理解を深めてもらうために、「認知症サポーター養成講座」を開催しました。
詳しく見る
明治区たいそう教室のご紹介
明治区では、皆さんが安心して公民館を使えるように、平成19年に国の交付金を活用して、手すりやスロープを付けるなどの改修をしました。
その翌年から、公民館では、自主的なサークル活動が盛んに行われています。
詳しく見る
12345678910111213