平成21年度 篠栗町の予算

平成21年度当初予算の概要

平成21年度一般会計・特別会計予算が、3月の町議会定例会で可決されました。
平成21年度の一般会計当初予算は、87億6336万3千円で、平成20年度当初予算に比べ3億1303万6千円(3.7%)増加しました。
また、特別会計(国民健康保険、老人保健、後期高齢者医療、下水道事業)及び水道事業会計の総額は48億4509万1千円です。
下水道の整備が終了したことなどで、前年度に対し10億6458万5千円の減となっています。
詳しくは「平成21年度 予算の詳細」の各項目をご覧ください。

平成21年度 予算の詳細

  1. 一般会計について
  2. 一般会計の歳入歳出明細
  3. 行政目的別の主な事業と予算
  4. 住民一人あたり金額の使い道
  5. 一般会計と特別会計

一般会計について

世界同時不況のなか、町をとりまく財政環境はますます厳しさを増しています。
予算編成は、町の発展のための基盤整備や、福祉の向上を目指し、未来を見据えたものになるよう心掛けています。
一方で、基本となる財源は限られていますので、優先すべき課題を慎重に検討しています。
21年度の予算の特徴は、各種事業の見直しを行ったことです。
高齢者福祉、障がい者福祉、少子化対策などの事業は、社会状況の変化に応じ、時期を逸することなく取り組まなければならない町の重要な課題です。
そこで、既存の各種事業についても、実施方法などを慎重に検討し、廃止・縮小・拡大に取り組みました。
また、循環型社会を目指す事業についても、当初の目的を達成した事業については、新しい展開を含めた事業の見直しを行っています。
予算額が大きな事業は、建設工事関係の『乙犬切通線道路整備工事に伴う用地購入費』で、前年度から増額としています。

歳入予算

収入の柱である町税と地方交付税は、ともに前年度に対し増額しています。
地方譲与税は、前年度の実績を基に、国の地方財政計画などを参考にしながら、前年度比約14%減額しました。また、地方消費税交付金や自動車取得税交付金についても景気の悪化を考慮し、それぞれ20年度から減額しています。
基金繰入金は、前年度に引き続き、公共施設等整備基金を、道路改良工事、小中学校施設の増築や改修、観光施設の整備などへ活用します。
このほか、減債基金繰入金を予算化しています。
なお、小中学校施設の整備には町債も財源としました。
諸収入については、乙犬切通線道路の整備費用として、道路受託事業収入を受け入れます。

歳出予算

森林セラピー事業が本格化します。
各種の体制づくりと荒田高原周辺の森林遊歩道の整備などを『森林セラピー事業費』として1668万8千円計上しました。
これと並行し、九州大学と協力して和田区蒲田池周辺の水辺を森林遊歩道として利用できるように整備する『篠栗九大の森整備事業費』5797万円を予算化しました。
教育関係では、篠栗中学校の生徒数増加に対応するため、『校舎の増築費用』9000万円を計上しています。
また、老朽化した『篠栗小学校のプール施設の改修費用』5650万円を予算化しています。
民生関係では、敬老祝金、高齢者同居推進手当、身体障害者援助金の見直しと同時に、介護予防事業の充実、子育て支援事業、障害者移動支援事業の継続や障害児放課後等対策事業の充実を図り、民生費全体では約1億円増額し予算化しています。
衛生関係では、母子健診事業の妊婦一般健康診査の助成回数を、これまでの5回から7回(4月補正予算で14回)に増やします。
また、空き缶などの容器回収処理機を平成21年度中に廃止し、新たにストックヤード(空き缶やペットボトルを回収する場所)を設置します。
土木関係では、乙犬切通線・乙犬中園線道路整備事業の用地購入費として2億9100万円を予算化しています。


「平成21年度 予算の詳細」へ戻る

一般会計の歳入歳出明細

一般会計歳出の総額は、20年度:84.5億円、21年度:87.6億円です。
「自主財源」とは、町が自主的に調達することができる財源のことで、具体的には、町税、負担金(保育園の負担金など)、使用料(立体駐車場の使用料など)、施設使用料、財産収入、基金からの繰入金等がこれに該当します。
「依存財源」とは、国や県などの決定により定められた額を交付されたり、割り当てられたりする収入のことで、地方交付税、国や県の補助金、地方譲与税、地方債などがこれに該当します。
次の表の%の表記は、千円単位の予算額で計算したものです。

一般会計 歳入の目的別比較


平成21年度一般会計の歳入の目的別比較

一般会計  歳出の目的別比較

平成21年度一般会計の歳出の目的別比較


「平成21年度 予算の詳細」へ戻る

行政目的別の主な事業と予算


平成21年度 行政目的別の主な事業と予算 (PDF形式:350KB)

「平成21年度 予算の詳細」へ戻る

住民一人あたり金額の使い道


 平成21年度一人あたりの使い道

「平成21年度 予算の詳細」へ戻る

一般会計と特別会計

「一般会計」は、地方公共団体の行政運営の基本的な経費を計上することとされ、特別会計で計上される以外のすべての経理を行うものです。
「特別会計」は一般会計に対し、特定の歳入・歳出を一般の歳入・歳出と区別して別個に処理する会計です。
篠栗町には特別会計が4会計あります。

特別会計について

老人保健特別会計の予算は、20年度との比較で約96%減少していますが、これは老人保健制度から後期高齢者医療制度に移行したことによるものです。
また、下水道事業特別会計の予算は、前年度との比較で約34%減少していますが、これは20年度で計画区域の下水道整備がおおむね完了したためです。

前年度との予算対比


「平成21年度 予算の詳細」へ戻る

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 財政課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111



アドビリーダー提供している様式はPDF形式で作成されています。
PDF形式のファイルを開くにはAdobe社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてご利用ください。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(外部リンク)