ささぐりトピックス

今の街並み 昔の街並み [2015年09月15日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

9月も3週目に入り、ひんやりとした夜風に秋の気配を感じるようになりました。町のあちらこちらで、頭(こうべ)を垂れる稲穂を見かけます。


稲穂

さて、9月2日(水曜日)から2日間、篠栗中学校の生徒たちが町のさまざまなところで職場体験を行いました。
篠栗町役場では、4人の生徒たちが職場体験を行い、1日目は、まちづくり課で広報の仕事を、2日目は産業観光課で森林セラピーの体験をしました。

今回のトピックスでは、生徒たちの広報の仕事体験の様子を交えながら、取材のテーマであった「篠栗の今と昔」に沿って篠栗の今と昔を比較した様子を紹介します。

篠栗町は、今年で合併から60年になります。 そこで、時代と共に篠栗がどのように変わったのかを調べてみました。
昔の写真を手に同じ場所へと向かい、その場所が今、どんな場所になっているのかを比較しました。

町の中を巡り、写真と同じ場所を探します。

昔の写真と見比べます・屋上から町の様子を眺める生徒たち


篠栗駅

駅舎が建て替わっています。よく見ると郵便ポストの形も変わっています。
 
篠栗駅
 

篠栗駅横の歩道橋

昔、更地であったところには現在、篠栗町商工会があります。同じ角度から撮影をしましたが、歩道橋はほとんど隠れてしまっています。

歩道橋

旧道沿い

面影があるものの、道路がコンクリートで舗装されていたり、建物が建て替わっていたりなど大きく変化していることがわかります。
 
旧道沿い
 

太祖神社の鳥居

現在は鳥居の横に道路がありますが、写真を見ると昔は鳥居の下に道があったことがわかります。
 
太祖神社の鳥居
 

篠栗町役場裏の立体駐車場

役場裏の立体駐車場
 

役場の屋上から見た歩道橋

役場の屋上から見た駐車場

国道201号線

左の写真は、国道201号線を建設している頃の写真です。
 
国道201号線

生徒たちは、慣れない取材用のカメラを持ちながら一生懸命、撮影をしていました。

広報の仕事を体験しました
 
取材を終え、役場に戻った生徒たちは広報ささぐりに載せる記事をみんなで考えました。 それぞれがアイデアを出し、組み合わせて1つの記事に仕上げていきます。短時間で、記事をまとめあげることができました。

みんなで広報に載せる記事を考えました 
 

生徒たちが協力して書いた記事は10月号の広報ささぐり「まちのひろば」に掲載する予定です。どんな内容になったのかは次号をお楽しみに!!
2日間の職場体験お疲れさまでした♪