ささぐりトピックス

夏休み特別企画~子どもたちの夏休み②~ [2015年08月24日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

8月も後半に突入です。皆さん、夏を満喫されていますか?さて、前々回に引き続き、篠栗の子どもたちの夏休みの様子をお届けします。

今回は、「寺子屋体験」、「椋の木 サマーチャレンジタイム」、「夏のお遍路体験ツアー」の3つのイベントの様子を紹介します。

1泊2日の寺子屋体験

8月4日(火曜日)から1泊2日の寺子屋体験が遍照院(62番札所)にて行われました。
このイベントは、観光協会主催、法青会の皆さんのサポートのもと小学生の子どもたちが親元を離れて1泊2日の集団生活を送り、学校とは違った体験をとおしてさまざまなことを感じてほしいという趣旨で行われています。今年は56人の子どもたちが参加をしました。

今回は、Tシャツ染め、ぐりっこカルタ遊び、ダム見学、滝行、お遍路体験にお邪魔してきました。

まず、寺子屋体験の恒例となったTシャツの絞り染めからのスタートです。今年も個性豊かなオリジナル篠栗88Tシャツを作ります。

オリジナル篠栗88Tシャツ作り

みんなで協力して行います

続いて、今年から寺子屋体験の仲間入りをした「ぐりっこカルタ」で遊びました。

ぐりっこカルタで遊ぶ子どもたち


ぐりっこカルタとは、篠栗の名所や行事などが盛り込まれている篠栗の魅力がたくさん詰まったカルタです。
子どもたちは、遊びながらカルタをとおして篠栗のことを学習しました。

ぐりっこカルタには篠栗の魅力がたくさん詰まっています

午後は、鳴淵ダム見学からスタートです。ダムの仕組みの説明を受けたり、ダムの内部見学をしたり、ダムについて勉強しました。

鳴淵ダム見学

滝行では、水の量と冷たさにびっくり。寺子屋体験ならではの体験ですね!

 滝行体験

2日目のお遍路体験では9か所の札所を巡り、ずっと練習をしてきたお経を一生懸命、読み上げました。

2日目のお遍路体験

普段の生活では体験できないことばかりの寺子屋体験。
子どもたちにとって、いつもとは少し違った2日間になったのではないでしょうか?

オリジナル篠栗88Tシャツを着てみんなでパシャリ!

サマーチャレンジタイム!

8月3日(月曜日)から5日間、篠栗小学校の椋の木ホールで「サマーチャレンジタイム」がありました。

篠小校区づくり実行委員会 篠っ子ふれあい広場「学び合いの会」主催のこのイベントでは国語や算数の勉強会や習字・科学体験教室、終わってない宿題の学習会が行われました。このイベントでは、学び合いの会の皆さんのほかに中学生のお兄さんやお姉さんたち41人がボランティアで小学生のサポートをしてくれました。
5日(水曜日)の習字教室と6日(木曜日)のおもしろ科学体験の様子をお届けします。

【習字教室】
習字教室には、45人の子どもたちが参加。

習字教室の様子です

上達するために何度も繰り返して筆を走らせていました。

繰り返し練習をしています


【おもしろ科学体験】
小学1年生~4年生の子どもたち、68人が参加しました。

講師の田中先生による手品のような科学を用いた実験に子どもたちは目が釘付け!

手品のような科学実験に子どもたちは驚いていました


目の前で起こる不思議なことに子どもたちからは、わー!どうして!?という歓声が上がっていました。

宙に浮くコップに呆然とする子どもたち 


田中先生は、「すべてのことには理由がある。いろんなことに何でそうなるのか?なぜなのか?という疑問を持ち続けてほしい。」と子どもたちに繰り返しお話され、先生が「なぜ?」という答えを求める度に手を挙げる子どもたちの数が徐々に増えていきました。

「何でなのか?」を手を挙げて発表する子どもたち


後半は、ブーメラン作りと中学生ボランティアが作ってくれたスライムで遊びました。

ブーメラン作り

作ったブーメランとスライムで遊びます


キラキラとした笑顔が教室中に溢れていました。

参加型の実験も!


5日間のサマーチャレンジタイムに毎日、参加をしたという児童もいたようです。学習に時間を費やできた有意義な夏休みになったのではないでしょうか?

「夏のお遍路体験ツアー」


ささぐり観光の日である8月8日(日曜日)、篠小校区づくり実行委員会 八十八ヶ所を生かしたまちづくりの会主催「夏のお遍路体験ツアー」が開催されました。
このお遍路体験は子どもたちに篠栗の歴史や文化を知ってもらおうと毎年、行われているものです。数年かけて88ヶ所すべてを回れるように毎年違うコースでお遍路体験をしています。

今年もたくさんの子どもたちが集まりました。バスに乗って篠栗小学校を出発です。

まず46番札所(岡部薬師堂)に向かいます。札所に到着するとお経を読み上げます。


続いて、58番札所(大久保観音堂)、8番札所(金剛の滝観音堂)、10番札所(切幡寺)の順に巡りました。

歩いて札所から札所へと移動します

8番・10番札所ではお接待により、お茶・あめなどをいただいて一息つきました。
(4月に子どもたち自身がお接待体験を行っています!その様子はこちらから)

続いて38番(丸尾観音堂)、41番(平原観音堂)、23番(山王薬師堂)、73番(山王釈迦堂)、61番(山王寺)、9番(山王釈迦堂)へ。

札所でお経を読み上げます

全部で10か所の札所を巡りました。
篠栗小学校に戻ると食育部会の皆さんによるお接待が待っていました。

食育の会の皆さんによるお接待


冷麦やからあげなど子どもたちは大喜び。みんなで仲良く食べました。

身を乗り出しておかずをよそう子どもの姿も

お遍路を体験をとおして篠栗の歴史や文化に実際に触れることができました。


篠栗では子どもたちのために、町のことをより深く知ることができるイベントや様々な年代が交流できるイベントが行われています。

それぞれ素敵な夏休みの思い出になったのではないでしょうか?

さて、次回で夏休み特別企画は最後になります。「5行政区合同イベント」、「やまばと児童館のそうめん流し」の様子をお届けします♪