ささぐりトピックス

秋日和 掃除・餅つき・フェスティバル [2014年11月20日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

晴天に恵まれた11月15日(土曜日)、北勢門校区勢門校区篠栗校区それぞれの小学校区で催しが行われました。
まずは、北勢門校区の多々良川清掃活動をご紹介します。

北勢門校区

北勢門校区の多々良川清掃

この日は、「みずすましの会」主催の多々良川清掃活動の日でした。
朝8時過ぎに田中公園へ行くと、おそろいのベストを着た大人たちが集まっていました。
「みずすまし」とは、川や池など水の上を軽やかにすいすい動きまわる昆虫のことで、「みずすましの会」はそこから名をとり、昆虫のみずすましのように地域をくるくるまわって、まわることで水を澄ますように地域ももっと澄んでいくように・・・という思いで、いろいろな活動に取り組んでいます。

北勢門校区の多々良川清掃開始

しばらくすると大人から子どもまで続々と人が集まり、9時過ぎに挨拶が終わると清掃活動開始。
ごみ袋や軍手、マスクなどを手に取ると、さっそく歩き出しました。

中学生グループの清掃活動

中学生グループが作ってくれた「キタ」の人文字

清掃活動は、多々良川周辺の道路や川で行われました。
中学生グループは、和田橋から田中橋までの区間を、小さなゴミはもちろん、不法投棄された自転車などの大きなゴミも拾い、川に浮いているゴミもお友達と協力しながら懸命に手を伸ばして拾っていました。
清掃活動の終盤、中学生が中州に集まって「キタ」の人文字を作ってくれました。

大人グループの清掃活動

大人も負けていません。晴れているとはいうもののまだ肌寒いなか、胸まで水につかって自転車を拾い上げる人もいました。
地域のために活動し、その姿を見せることで、美しい環境と地域を愛する気持ちを大人から子どもへと引き継いでいるんだろうな・・・と感じました。

勢門校区

次は、勢門校区です。
勢門校区では餅つきが行われていて、10時ごろ勢門小学校グラウンドに着くと、1年生と2年生が餅つきに参加していました。

勢門小学校グラウンドに集まった子どもたち

色とりどりのバンダナとエプロンを身に着け、しっかりとマスクをした子どもたち。カラフルな子どもたちがたくさん集まっている姿を見ていると、心が和んできますね。
そんな子どもたちは、お餅を入れるための器を持って、いまかいまかとできあがるのを待っています。

蒸しあがったもち米

熱々のお餅をつく大人たち

お餅をつくのは、大人の皆さんです。
もち米が蒸しあがったら臼に入れ、杵で力を込めてこね、その後はひたすらペッタンペッタンペッタンペッタン・・・交代でつきました。
餅つきで大切なのは、つき手と返し手の呼吸。息をあわせて、お餅をついていました。
子どもたちは、大人がお餅をつくリズムに合わせて「1!2!1!2!」と大きな声でかけ声をかけていました。



お餅をつき終わると、いよいよ子どもたちの出番。テーブルの上でコロコロ丸めます。
最初は苦戦していた子どもたちも、だんだん慣れてコツをつかみ、自然と丸いお餅を作れるようになりました。



できあがったお餅は、しょうゆをかけて配られました。
子どもたちは口々に「おいしい!」と言ってあっという間に食べ終わり、なかには8個食べた子もいました。
つきたてのお餅は、ふわふわとやわらかく、噛めば噛むほど甘さが引き立つ味でした。
次代を担う子どもたち、お餅のようにのびのびと過ごし、粘り強くたくましく育ってほしいですね。

篠栗校区

最後に、篠栗校区。
クリエイト篠栗で、篠栗校区の「篠っ子ふれ・あいコミュニティフェスタ」が開催されました。

クリエイト篠栗に飾られたフェスタのモニュメント

クリエイト篠栗に着くと、入り口にはかわいいモニュメントがお出迎え。今年のテーマは「輝け! 篠っ子」です。

大ホールで行われた演奏や発表

大ホールでの開会式が終わると、ステージで演奏と発表がありました。
篠栗中学校吹奏楽部の演奏と踊り、その演奏に合わせて披露されたやまばと児童館学童の歌、椋の木クラブ大正琴サークルの演奏・・・

大ホールで行われた演奏や発表

萩尾分校の篠栗太鼓の演奏、篠栗保育園園児のダンス、小学校・中学校の活動紹介、最後は篠栗中学校太鼓部の演奏でステージイベントは締めくくられ、客席からは大きな拍手が起こりました。

体験コーナー(お茶体験・ロールサンドづくり・大正琴演奏・ものづくり・手芸・まがたまづくり)、抽選コーナー

体験コーナーも盛りだくさん。
1階ではお茶体験とロールサンドづくり、2階では大正琴演奏、ものづくり、手芸、まがたまづくりと充実していて、抽選会のコーナーではときおり歓声があがっていました。

1階ロビーでは、篠栗小学校区づくり実行委員会と小学校・中学校の活動を紹介する映像が流されていて、来場者は足を止め、「こんなこともしたね~」「あんなこともあったね~」と懐かしんでいました。

カレーライスの販売、自慢料理の試食

そして、みんなが楽しみにしていたカレーライス! どんどん増えるお客さんに圧倒されました。やっぱりカレーライスは、大人にも子どもにも人気のメニューですね。
また、米粉を使ったピザ・たこ焼き・山賊つみれ汁・和え物が無料で配られ、どれも大人気であっという間になくなりました。
子どもだけでも150人ほどのボランティアが集まり、皆さんの協力のもと開催されたフェスタは、大盛況のうちに終了しました。



篠栗町には3つの小学校区があり、地域ごとにさまざまな取り組みが行われています。
地域の特色を生かした活動を通じて、絆やつながりがさらに強まったのではないでしょうか?
それぞれができることを持ち寄り、自分たちで地域を盛り上げるパワーを見せてくださった皆さん、ありがとうございました。