ささぐりトピックス

成人式 感謝と決意 門出の日 [2014年01月20日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

新成人の皆さん おめでとうございます


平成26年篠栗町成人式会場

平成26年1月12日、クリエイト篠栗で「平成26年 篠栗町成人式」が行われました。
この日にふさわしい晴れやかな空のもと、男性140人と女性130人、計270人が大人としての新たな一歩を踏み出しました。

クリエイト篠栗ロビーにあふれる新成人

開始前になると、ロビーには晴れ着やスーツなどに身を包んだ新成人があふれました。
友人や恩師との久しぶりの再会に、満面の笑みを浮かべながら記念撮影をしたり近況報告など会話に花を咲かせたりしていました。

式は、ジュニア・リーダーなどの進行のもと始まりました。
記念行事として、まずは篠栗町吹奏楽団が「オリンピック・マーチ」「煙が目にしみる」「ルパン三世のテーマ」「恋するフォーチュンクッキー」の4曲を演奏し、会場を明るく盛り上げました。
演奏のあとは、小中学生のころを懐かしむスライド上映があったり、恩師が登場したり、篠栗町ふるさと観光大使からのメッセージが届いたりと、拍手と歓声があがる記念行事でした。
引き続いて式典が行われ、町長や議長をはじめ来賓の方々から新成人へ、お祝いや激励の言葉が贈られました。
「平成26年 篠栗町成人式での町長式辞」はこちらをご覧ください

(左)新成人を迎えての意見発表 (中)新成人代表謝辞 (右)万歳三唱

式典の後半は、新成人代表の意見発表と謝辞が述べられました。
成人式を迎えての意見発表では、吉村実名子さんが「本当の強さは、支えてくれた人々へ感謝することで得られるものだと気づきました。家族や今まで自分と関わってくれたすべての人に感謝しています。目標に向けて精進し、小さな積み重ねを大切にする姿勢をより磨いていきたいです」と、熱い思いを伝えました。
また、石司翔太郎さんは「最高の自然の中で、最高の体験をして育った日々が基盤となっています。この世に生を受けた奇跡、今日、命がある奇跡に感謝します。少しでも役に立つ大人になりたいです」と謝辞を述べ、町長と固く握手をかわしました。
式典の最後には、輝かしい前途を祝って声を高らかに万歳三唱を行いました。

篠栗町青年団とくりみんによる抽選会

式典終了後は、篠栗町青年団によるお楽しみの抽選会です。
この日は、くりみんも新成人の皆さんと同じように晴れ着を身にまとって青年団のお手伝いをしました。

抽選会のあと、記念撮影をして成人式は幕を閉じました。
終了後もロビーでは新成人やご親族の皆さんが、尽きない話に花を咲かせていました。



成人の日を迎え、これまで支えてくれた家族や友人、仲間への感謝の気持ちをあらためて感じたのではないでしょうか。
意見発表でもお話されていた「感謝」という気持ちは、とても温かく、人と人をつなぐ絆になります。
また、謝辞の中にも出てきたとおり、篠栗町は「自然」豊かで、ふるさとに帰ったときのような不思議な感覚にしてくれるところです。
大人としての一歩を踏み出した皆さんが、これからも篠栗町に愛着をもって、どこにいても心のふるさとでいられる町であり続けることで、これからの皆さんの活躍を支えていけたらいいなと思います。
この日を迎えた新成人の皆さん、そして今日まで新成人の皆さんを愛し、育て、支えてこられたご家族をはじめとする周りの皆さん、本当におめでとうございます。

クリエイト篠栗ロビーもご覧ください


クリエイト篠栗ロビー

新年を迎えるにあたり、職員が心をこめてロビーに飾り付けをしました。
これは今月いっぱい展示する予定です。
クリエイト篠栗にお越しの際は、ちょっと一足とめてご覧いただけるとうれしいです!