ささぐりトピックス

ささぐり今昔物語~これまでの篠栗・これからの篠栗~ [2018年01月11日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

広報ささぐり1月号の特集として掲載した「ささぐり今昔物語」。
三浦町長と篠栗町議会阿部議長が、今と昔の写真を見て自身の思い出を交えながら篠栗の今と昔について語りました。

 広報ささぐり1月号はこちらからご覧ください。

トピックスでは、広報1月号に掲載した写真に加え、お届けできなかった写真も併せて紹介します。今回は、およそ40年前の写真の今昔物語です。

跨線橋

およそ40年前の跨線橋の建設風景(昭和52年8月撮影)です。現在の跨線橋は昭和52年9月16日に完成し、竣工式が行われました。


平成30年度に使用開始予定の篠栗駅東側自由通路の完成予想図です。新しい篠栗の姿です。



篠栗駅

臨時列車で到着したあふれんばかりのお遍路さん。(昭和57年3月撮影)

この写真を見た町長は、「父親と何度かお遍路巡りをしたことがあります。現在は、当時より参拝客は少なくなっていますが、今もお遍路が篠栗にそのまま残っているという思いの方が強いですね。」と話していました。


こちらは現在の篠栗駅。上の写真にもある「篠栗驛」の看板。まだ現役であることをご存じですか?駅に訪れた際には、チェックしてみてくださいね!
 

太祖宮 鳥居 

鳥居の中をバスがくぐろうとしています。現在の写真と見比べてみると車道が現在とは異なる位置にあることがわかります。(撮影年月不詳)


 

小学校

町内の小学校の写真の今昔を見てみましょう。

【篠栗小学校】
昔の校舎は、現在の校舎がある位置とは別のところに建っていました。
議長は、校庭にある椋の木を見ると、ソフトボールの試合を篠栗小学校で行ったことを思い出すと話していました。



【勢門小学校】
現在のグラウンドがあるところは、以前は田んぼでした。

座談会の中で、町長と議長が昔と比べて篠栗でいちばん変わったのは、勢門であると話していました。町長、議長共に勢門小学校の出身です。昔は、県道沿いに何もなく、道だけがあり町境まで見通すことができたのことです。都市化されて、風景が変わったと話していました。


 

【北勢門小学校】
建設中の北勢門小学校です(広報ささぐり昭和53年1月号から)。昭和53年4月、およそ40年前に北勢門小学校が開校されました。


 

成人式

昭和51年成人式(昭和51年1月撮影)。髪を結っている女性がたくさんいます。また、男女がペアになって踊っています。


 

先日、行われた平成30年成人式(平成30年1月撮影)
 

消防操法大会 

篠栗町消防操法大会(昭和53年7月撮影)


 

篠栗祇園夏祭り

【篠栗祇園山笠】
篠栗祇園山笠(昭和51年8月撮影)。水を浴びながら颯爽と駆け抜けていく姿は、今も昔も迫力満点。




 
【こども神輿】 
元気なかけ声と共に神輿を運ぶ子どもたち(広報ささぐり昭和51年8月号から)。こちらも今も昔も変わりませんね!
 




 

新たなささぐり今昔物語を

いかがでしたか?「懐かしい」「昔はこんな感じだったんだ」「変わったな」「変わらないな」などさまざまな感想があるのではないでしょうか。

町では、新たな今昔物語を紡げるよう、篠栗の昔の写真を探しています。「場所」「人」「もの」など何でも構いません。(撮影の場所や時期も併せて教えていただけたら大変助かります)

※写真は広報ささぐりやホームページ、Facebookに掲載することがあります。

募集について

写真データもしくは写真を印刷したものを下記まで郵送、メールもしくは持参ください。

(宛先)
篠栗町役場まちづくり課広報広聴係
〒811ー2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
メール info@town.sasaguri.fukuoka.jp
℡:092-947-1204

皆さんの写真の提供をお待ちしております!!