ささぐりトピックス

歴史と伝統の祭り~篠栗祇園夏まつり~ [2017年07月14日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

7月8日、篠栗の夏の風物詩「篠栗祇園夏まつり」が開催されました。いよいよ篠栗に夏が訪れます。


今年の山笠

夏まつりは、祇園山笠から始まります。男衆が勢い水を浴びながら山笠を担いで駆け抜ける姿は、迫力満点です。

勢い水を浴びながら颯爽と駆け抜け抜ける山傘


 
「オイサオイサ」というかけ声と共に街中を颯爽と駆け抜ける姿に沿道からは声援が聞こえてきました。


 
子どもたちも一生懸命ついていきます。

子どもたちも一生懸命ついていきます
 

 
およそ2kmの道を駆け抜け、最後は「祝いめでた」を歌います。

最後は、「祝いめでた」を歌います
 
午後は、子どもたちがまつりの主役です。
篠栗中学校吹奏楽部による吹奏楽パレード。音楽をとおして、町の皆さんへ元気を届けます。




 
パレードには、くりみんも参加しました。
 
パレードにはくりみんも参加
 
道行く人とハイタッチ!
 

 
続いて、子ども神輿が行われました。
水を浴びながら須賀神社から篠栗駅までの道のりを神輿を担いで往復します。
 
元気いっぱいの子どもたち
 
「わっしょい わっしょい」という元気いっぱいのかけ声が響きます
 
わっしょいわっしょいと元気いっぱいの掛け声が響き渡ります。
 
 
 
 

 
須賀神社の祭典では、保育園児が愛らしい浦安の舞を披露しました。


 
まつりの最後は、納涼花火大会です。
色とりどりの花火が打ちあがると観客からは、わーっと歓声が上がっていました。