ささぐりトピックス

やさしさや感謝の心をとどけよう~第9回 篠っ子ふれ・あいコミュニティフェスタ~ [2016年12月05日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

11月19日、クリエイト篠栗で「第9回 篠っ子ふれ・あいコミュニティフェスタ」が開かれました。今年のテーマは、「やさしさや感謝の心をとどけよう~まちぐるみであいさつ運動~」。

第9回 篠っ子ふれ・あいコミュニティフェスタ

この日は嬉しいお知らせがあり、篠栗小校区づくり実行委員会の10年にわたる活動に対し、「地域学校協働」推進に係る文部科学大臣表彰が決定したことが発表されました。

嬉しいお知らせがありました
 
【舞台発表】
まず、篠栗小校区の子どもたちによるステージ発表が行われ、演奏や歌、踊りなどが披露されました。

篠栗中学校吹奏楽部による演奏。「恋するフォーチュンクッキー」や「PERFECT HUMAN」が演奏されました。

篠栗中学校吹奏楽部による演奏
 
また、小学生の児童らとの共演もあり、吹奏楽部の演奏に乗せて児童らが「世界に一つだけの花」を元気いっぱいに歌いました。

篠栗中学校吹奏楽部と小学生との共演
 
続いて、椋の木クラブの踊りサークルの発表では、児童らの愛らしい舞に会場は和やかな雰囲気に包まれました。
 
愛らしい舞に和やかな雰囲気に包まれました
 
愛らしい舞に和やかな雰囲気に包まれました
 
椋の木クラブの大正琴サークルの発表では、みんなで息を合わせて琴の演奏を披露しました。

大正琴の演奏
 
篠栗小学校の児童による「エイサー」の発表。迫力のある舞に会場からは大きな拍手が送られました。
 
迫力のあるエイサー

萩尾分校の児童による萩尾太鼓の演奏。力強い太鼓の音色が鳴り響きます。
 
萩尾分校の児童による演奏

萩尾太鼓
 
最後は、やまばと児童館の児童による歌の披露。会場の皆さんと一緒に篠栗小学校の校歌と「ふるさと」を歌いました。

元気いっぱいに歌います

【体験コーナー・展示コーナー】
舞台発表のあとは、体験コーナーでものづくりや展示品を楽しみました。

展示コーナーでは、児童らによる絵や焼き物の展示、篠栗小校区づくり実行委員会の活動紹介のパネル展示などがありました。
 
展示コーナー
 
そして、体験コーナーではクリスマスの飾りづくりや手芸などの体験コーナーがあり、賑わいを見せていました。

クリスマス飾りづくり体験では、篠栗の森で採れた木の実や葉っぱ、松ぼっくりなど自分で好きな材料を選び、クリスマスツリーやクリスマスリースなどオリジナルの飾りを作ります。
 

 

 
このほかにもパステル和みアート体験やまがたまづくり体験があり、実行委員会の皆さんや中学生に手伝ってもらいながら一緒に作品を作りました。
 

 
さらに、午後からは食育会の皆さんによるカレーライスの提供や試食コーナーなどがあり食を楽しむこともでき、今年も盛りだくさんのフェスタとなりました。