ささぐりトピックス

篠栗春夏秋冬~ささぐりの夏②~ [2016年08月23日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

早いもので、気が付けば8月後半です。前回の記事に引き続き、篠栗の夏のできごとを紹介します。

前回の記事は、こちらから・・・
篠栗町webサイト ささぐりトピックス「篠栗春夏秋冬~ささぐりの夏①~」

寺子屋体験

8月4日~5日、毎年恒例の1泊2日の寺子屋体験がありました。
今回は、Tシャツ染め体験にお邪魔してきました。真っ白い88Tシャツにタコ糸を巻き付けて絞り、オリジナルの模様に染色します。今年は、緑色に染色です。

翌日、ひとりひとり個性的な模様のTシャツが完成しました。鮮やかなきれいな緑色です。

寺子屋体験では、説法や工場見学、滝行やお遍路体験などが行われました。
参加した子どもたちは、普段とは少し違った経験ができたのではないでしょうか? 

森林セラピー企画~森のこうさく~

8月7日、森林セラピー企画~森のこうさく~が行われました。午前中の工作のようすを紹介します。

森林セラピー企画~森のこうさく~

今回の工作では、森の案内人の皆さんの指導のもと、森にある木や竹など自然の素材を使って楽器を作ります。夏休みの自由研究にぴったりですね!
カスタネットや笛、ギロなどそれぞれ作りたい楽器を作ります。

少し難しいところは、森の案内人の皆さんがサポートしてくれます

 まず、切り出した竹や木の形を削ってきれいに整えていきます。  形が整ったあとは、思い思いの色を塗ったり、飾りをつけたり、自分好みにアレンジしていきます。

カスタネットづくり

カスタネットづくり

世界にひとつだけのオリジナルの楽器の完成です。

カスタネット/笛

木で作られた楽器からは、やさしい音色が聞こえてきます。

やさしい音色が聞こえてきます

午後は、流しそうめんと森林散策があり、自然のなかで夏を満喫しました。

荒田高原810(YADO)祭

8月10日が「宿の日」ということをご存知ですか?宿の日は、日本の宿、主として旅館のよさをアピールしようと日本の宿泊観光4団体が定めた日です。
この宿の日にちなんで篠栗の旅館を盛り上げていこうと、8月10日に荒田高原で篠栗町旅館組合青年部主催の「810(YADO)祭」が開催されました。

大迫力の柴燈護摩(さいとうごま)

今年が初開催となる810祭。子どもから大人まで大勢の人が荒田高原を訪れ、大盛り上がりとなりました。
露店には行列ができ、鮎の塩焼きや手打ちそばなど美味しそうな匂いが辺りに漂います。

多くの人が訪れ、賑わいを見せました

810祭のメインイベント、柴燈護摩(さいとうごま)が始まりました。供養や諸祈願のために行われる柴燈護摩。今回は、11日の山の日を祈願して行われました。

柴燈護摩

厳かな雰囲気のなか、轟々(ごうごう)と焚かれる炎は大迫力です。間近で体感することができました。

間近で見る護摩焚きは、迫力満点です。

その後、火渡り体験が行われ、参加者は少しドキドキしながら火の上を歩いていました。

火渡り体験

ひと味違った夏の“熱い”一夜となりました。


「篠栗春夏秋冬~ささぐりの夏~」では、篠栗であった5つの夏のできごとをご紹介しました。
8月も終わりが近づいていますね。皆さんも夏の思い出づくりをされてみてはいかがでしょうか?