ささぐりトピックス

それぞれの未来に向かって~平成28年篠栗町成人式~ [2016年01月19日]

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

1月10日(日曜日)、クリエイト篠栗で平成28年篠栗町成人式が行われました。

ロビーでは、職員が飾り付けをした展示物の展示やお茶席が開かれていました。

新年を祝い、職員が飾り付けをした展示(今月いっぱい飾られています)

お茶席
 
晴れ空のもと、色鮮やかな振袖や袴、スーツに身を包んだ新成人の皆さんが会場に集まってきました。
旧友との再会に手を取り合って喜んでいる姿も見受けられました!
 
手を取り合って再会を喜ぶ姿も
 
たくさんの素敵な笑顔が溢れていました
 
今年の参加者は、278人(男性145人、女性133人)。

新成人の皆さんをお祝いするために行われた記念行事では、篠栗北中学校の生徒が司会・進行を務めました。
 
和やかな雰囲気のなか行われた記念行事

篠栗町吹奏楽団の演奏や思い出の写真を用いたスライドショーがありました。

参加者が小学生や中学生の頃の写真が流れ、その懐かしさや恩師の登場に歓声が上がっていました。
 
記念行事のようす

式典が始まると、それまでの和やかな空気は一転。厳かな雰囲気のなかで式が進んでいきました。
 
厳かな雰囲気のなかで式が始まりました

新成人を代表して、野口真央さんが意見発表を行いました。
 
意見発表
 
[野口真央さんの意見発表]
今年、二十歳を迎え、思い返せばこの二十年間、たくさんの思い出がよみがえってきます。赤いランドセルをからって、初めての学校生活に戸惑いながらも、たくさんの友達と楽しく過ごした小学生時代。
剣道部に入部し、勉強内容も徐々に深くなり、自分自身と向き合っては右往左往していた中学生時代。部活を通して、自分自身の弱さに打ち勝つことの難しさを学び、また、生徒会活動では、たくさんの人に支えられながら多くの貴重な経験をさせていただきました。初めての受験も、今となっては懐かしい思い出ですが、あの時はみんなそれぞれ自分なりに将来の自分と真剣に向き合っていたと思います。
高校に入学してからは、私は推薦で進学校に入学したので、周りとの学力の差に愕然とし、小さな挫折を味わったことを思い出します。しかし、高校でも剣道部に入部し、ずっと続けていた剣道をやめなかったことが、私にとって支えとなりました。毎日勉学と部活で時間に追われ、今考えると、確かに体力的にも精神的にもつらいこともありましたが、将来に向けて人間としてたくさんの知識や教養を蓄える貴重な三年間だったと思います。
このように、振り返ってみて、いつも私のそばには、家族の支えがあったことに気づかされます。あたたかな目で見守りながら私の意志や行動を尊重してくれて、私が間違った道に進みそうになったときは厳しく叱り、思い悩んでいるときはそっと手を差し伸べてくれました。私を信じてくれていたことに本当に感謝しています。ありがとう。
私は今、大学で化学について学んでいます。最近は毎日化学実験を行い、これから先は自分が興味を持った分野の研究を行っていく予定です。将来は、今学んでいることが生かせる、化粧品会社や食品会社の開発部に就職したいと考えています。
しかし、正直なところ、将来の夢や就きたい職業はまだ漠然としています。みなさんの中には、わたしと同じような人もいると思いますし、夢に向かって努力している人、すでに就職して社会人として社会に貢献している人、さまざまだと思います。私も、みなさんに負けないように、日々精進していきたいと思います。

また、新成人を代表して三浦秀斗さんが謝辞を述べました。

謝辞。固い握手が交わされました。

[三浦秀斗さんによる謝辞]
二十歳となり、大人の仲間入りをしたとはいえ、社会に出たばかりで成人としての自覚や、責任というものをあらためて考える事もなく日々を過ごして来ました。しかし、今日成人式という大きな節目を迎え、次の時代を担う者としてしっかりとした自覚を持ち、毎日を送らなければと、身が引き締まる思いです。これからも、ここ篠栗町のすばらしい環境の中で育てられ、培ったものを心の糧として大きな視野と志を持ち、何事にも感謝の気持ちを忘れず、将来少しでも誰かの役にたてるよう、日々精進してまいりたいと思っております。

式典の最後は、新成人の皆さんの輝かしい未来を祈念して万歳三唱を行いました。

万歳三唱

また、式終了後には、お楽しみ抽選会が行われ、当選者が発表されるたびに、歓声が上がっていました。
当選者は、これからの抱負を述べ、笑顔で商品を受け取っていました。

お楽しみ抽選会

最後に、2つのグループに分かれて記念撮影。

記念撮影①

記念撮影②

希望に満ちたきらきらとした笑顔があふれているのがとても印象的でした。
それぞれの未来に向かって前に前に突き進んでいってくださいね。

ロビーのようす

成人を迎えられた皆さん、また、新成人の皆さんを支えてくださったご家族をはじめとする周りの皆さん、誠におめでとうございます。