介護保険サービス利用の流れ

介護保険サービスの利用申請からサービスを受けるまでの流れは次のとおりです。

  1. 要介護認定の申請
    65歳以上の第1号被保険者は介護保険被保険者証を、40歳から64歳までの第2号被保険者は加入医療保険の被保険者証をご持参の上、福祉課の窓口までお越しください。
  2. 訪問調査と主治医の意見書
    [訪問調査] 調査員が自宅や病院を訪問し、心身の状態を調べます。
    [主治医の意見書] 主治医がいない人は指定医師に意見書を書いてもらいます。
  3. 一次判定、二次判定
    訪問調査結果と主治医の意見書をもとに、保健、医療、福祉の専門家5人からなる介護認定審査会で審査、判定します。
  4. 要介護度の認定
    「自立、要支援1・2、要介護1~5」に分けて認定し、原則として、申請から30日以内に結果が通知されます。
  5. ケアプラン(居宅サービス計画)作成
    要介護度に応じて、サービスをどのように利用するかのケアプランを居宅介護支援事業者、または地域包括支援センターに依頼をしてください。
  6. サービスの利用
このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 福祉課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111