高額療養費

同じ月内にかかった医療費の自己負担額が高額になったとき、申請により、限度額を超えた額が高額医療費として支給される制度です。

自己負担限度額(月額)

70歳未満の方の自己負担限度額(月額)
区分 所得要件
(総所得金額等-33万円)
自己負担限度額
901万円を超える世帯または所得未申告世帯 252,600円+(総医療費-842,000円)×1%
[多数回該当:140,100円]
600万円超~901万円以下の世帯 167,400円+(総医療費-558,000円)×1%
[多数回該当:93,000円]
210万円超~600万円以下の世帯 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
[多数回該当:44,400円]
210万円以下の世帯 57,600円[多数回該当:44,400円]
住民税非課税世帯 35,400円[多数回該当:24,600円]
「多数回該当」とは、療養のあった月を含む過去12か月間にひとつの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降に適用される自己負担額です。

70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額(月額)
所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
一般 14,000円
[年間上限14万4,000円]
57,600円
[4回目以降の場合は44,400円]
現役並み所得者 57,600円 80,100円+(医療費-267,000円)×1%
[4回目以降の場合は44,400円]
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 8,000円 15,000円

自己負担額計算のポイント

限度額適用認定証

「限度額適用認定証」の対象は、70歳未満の方と、70歳以上75歳未満で所得区分が「低所得者Ⅰ」「低所得者Ⅱ」の方で、認定証を窓口で提示すると、医療機関での1か月の支払額が、高額医療費の自己負担限度額までになります。
認定証の交付は事前申請が必要ですので、国民健康保険証・印鑑・委任状(別世帯の方が手続きに来る場合に必要)をご持参の上、役場にお越しください。
ただし、国保税を滞納している方には交付できませんので、ご注意ください。

医療機関で認定証を提示しなかった場合、複数の医療機関での支払額の合算が自己負担限度額を超える場合は、後から高額療養費の支給申請手続きをしてください。
篠栗町では、高額医療費に該当した場合、診療月の約3か月後にお知らせしています。通知が届いた場合、役場窓口で手続きをしてください。

申請時に必要なもの

高額医療・高額介護合算制度

国保と介護保険それぞれの限度額を適用後、1年間の自己負担額を合算したものが、一定の基準額を超えるときは、その超えた額が支給されます。
合算した場合の自己負担限度額(8月から翌年7月までの年額)は、次のとおりです。

70歳未満の方の合算自己負担限度額(年額)
  総所得金額等
(※2)
~平成26年7月
[現行]
  総所得金額等
(※2)
平成26年8月
~平成27年7月
  平成27年8月~
自己負担限度額 自己負担限度額
上位所得者
(※1)
600万円超 126万円 910万円超 176万円 212万円
600万円超
901万円以下
135万円 141万円
一般 600万円以下 67万円 210万円超
600万円以下
67万円 67万円
210万円以下 63万円 60万円
住民税
非課税世帯
34万円 住民税
非課税世帯
34万円 34万円
(※1)国保税の算定の基礎となる基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯に属する人。
(※2)世帯に属するすべての国保被保険者の総所得金額等を合算した金額。
    「総所得金額等」= 総所得金額-基礎控除(33万円)

70歳以上75歳未満の方の合算自己負担限度額(年額)
一般 現役並み所得者 低所得者Ⅱ 低所得者Ⅰ
56万円 67万円 31万円 19万円

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 住民課 国保・年金係
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111