税務及び住民票関係証明書手数料の一部改定について(平成27年4月1日から)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

町では、各種証明書の交付手数料について、受益者負担の公平性や近隣市町村の状況などを踏まえて見直しを行ってきた結果、平成26年第4回篠栗町議会定例会(12月開催)で、篠栗町税条例と篠栗町手数料徴収条例の一部を改正する条例が可決されました。
これを受けて、平成27年4月1日から一部の証明書の交付手数料の改定を行います。
皆さんのご理解とご協力をお願いします。

 税務関係 「税に関する証明書」のページはこちら
証明書の種類 手数料
改定前
(~平成27年3月31日)
改定後
(平成27年4月1日~)
納税証明 200円 300円
所得証明
町県民税課税証明
非課税証明
固定資産評価証明
公課証明
名寄帳の写し
固定資産登記簿副本の閲覧(1件につき)

 住民票関係 「証明書手数料(住民票・戸籍・印鑑登録など)」のページはこちら
証明書の種類 手数料
改定前
(~平成27年3月31日)
改定後
(平成27年4月1日~)
住民票(除票)の写し 200円 300円
住民票記載事項証明書
印鑑登録証明書
身分証明書
戸籍の附票

問い合わせ先

税務関係 税務課(内線261~266)
住民票関係 住民課(内線210~212)