国民健康保険税

国民健康保険に加入している方は、決められた保険税を納めなければなりません。
皆さんに納めていただく保険税が、病気やけがをしたときの医療費の財源となります。

保険税の決まり方

保険税は国保に加入している方の所得および人数に応じて世帯ごとに計算し、40歳から64歳の方は介護保険分が別途加算されます。

保険税を納める方

世帯主が国保に加入していない場合(擬制世帯主:擬主といいます)でも同じ世帯で国保に加入している方がいれば、世帯主が保険税を納めなければなりません。

保険税は年度ごとに計算

保険税は前年中の所得と加入している人数をもとに計算します。
ただし、年度の途中で前年中の所得額が変更となったり加入している人数が変更になったりしたときなどは再度計算します。

加入した月の分から納付

年度の途中で加入した場合は加入した月(届出日ではありません)から保険税を納めます。
また、途中で社会保険に加入した場合や転出等で資格がなくなる場合は、脱退した月の前月分まで納めていただきます。

保険税の計算方法

保険税は医療保険分・後期高齢者支援金分・介護保険分の合計額で算出します。
詳細については、「国民健康保険税の計算方法」のページをご覧ください。

「国民健康保険税の計算方法」のページについてはこちら

保険税の納付方法

保険税の納付方法は、「普通徴収」と「特別徴収」があります。
納期や納付場所などの詳細については、「国民健康保険税の納付方法」のページをご覧ください。

「国民健康保険税の納付方法」のページについてはこちら

保険税の減免

災害や失業・倒産などに伴い所得が激減する方などは、減免に該当する場合があります。
詳細については、「国民健康保険税の減免」のページをご覧ください。

「国民健康保険税の減免」のページについてはこちら

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 住民課 国保・年金係
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111