国民健康保険の概要

国民健康保険とは

国民健康保険とは、加入者が保険料を出し合い、それに国・県・町が補助金を加えて、被保険者(国民健康保険加入者)の皆さんが病気やケガをした際に、安心して医療を受けられるよう治療費の大部分を負担する大切な制度です。
篠栗町内に在住し、職場の健康保険に加入している方、生活保護を受けている方を除き、すべての人が国民健康保険に加入するように法律で定められています。
詳しくは、住民課 国保・年金係までお問い合わせください。

主な国民健康保険加入者

退職者医療制度

勤めていた会社などを退職し、年金(厚生年金・各種共済組合など)を受けられる65歳未満の方とその被扶養者は「退職者医療制度」で医療を受けます。
退職者医療制度は、医療機関での自己負担額と保険税、社会保険などからの拠出金が財源となりますので、みなさんの負担を軽減することにもつながります。
対象となったら必ず届出をしましょう。

退職者医療制度の対象になる方は

次の条件すべてを満たす退職被保険者本人とその被扶養者は、退職者医療制度が適用されます。

医療費節約のワンポイントアドバイス

病気は放っておくほど、回復に時間がかかり、治療費もかさみます。
生活習慣病などは、ほとんど自覚症状がないまま進行し、気づいたときには取り返しがつかない場合もあります。
病気になる前に予防をすることが、最高の治療法かつ医療費と家計の節約法なのです。
今現在健康だと自負し、お医者さんに掛かっていないアナタ! 次のような生活習慣はありませんか?
ひとつでもあったら、生活習慣病の危険ありです。少しずつ生活を改善しましょう。

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 住民課 国保・年金係
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111