子ども医療費支給制度

町内にお住まいのお子さんを対象に、病気やケガで病院にかかったときの医療費の一部を、篠栗町と福岡県が支給する制度です。
子育て支援のよりいっそうの充実を図るため、平成28年10月1日から、小学生の通院および中学生の入院も助成対象となりました。中学生のお子さんについては、入院が決まりましたら、お早めに役場窓口で医療証の申請をお願いします。

子ども医療証の受給要件

※重度障害者医療・ひとり親家庭等医療の対象者、生活保護の受給者は対象となりません。

子ども医療証の交付

出生や転入などの際に、受給資格の申請をすることにより、「子ども医療証」が交付されます。
申請の際は、お子さんの氏名が載った健康保険証と、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カードをご持参ください。
※医療機関の窓口では、健康保険証と子ども医療証を提示してください。
※中学生のお子さんについては、入院が決まりましたら、お早めに役場窓口で医療証の申請をお願いします。

受給資格の認定の日

1 お子さんが生まれたとき

出生の翌日から数えて30日以内に申請をしたときは、出生の日から認定され、30日を過ぎてから申請したときは、申請した月の初日から認定されます。

2 他の市町村から篠栗町に転入したとき

転入した月の末日までに申請したときは、転入の日から認定され、転入した月の翌月以降に申請したときは、申請した月の初日から認定されます。

上記1・2以外のとき

対象となる要件を充たした月に申請をしたときは、対象者の要件を充たした日から認定され、翌月以降に申請したときは、申請した月の初日から認定されます。

医療費の自己負担額

【平成28年10月から】
年齢 助成の範囲
3歳未満 医療費の自己負担はなし
3歳~小学校就学前 通院:1月当たり800円を限度
入院:1日当たり500円(月7日を限度)
小学校1年生~6年生 通院:1月当たり1,200円を限度
入院:1日当たり500円(月7日を限度)
中学校1年生~3年生 入院:1日当たり500円(月7日を限度)

いずれも1医療機関ごとの自己負担(薬局を除く)で、保険のきかない費用や標準負担額(食事代)は助成対象となりません。

子ども医療費の請求

福岡県外の医療機関にかかったときや、治療用装具を作ったときなどは、いったん医療費の自己負担分を全額支払っていただき、後日、住民課の高齢者・公費医療係へ請求してください。

請求に必要なもの

こんなときには届出をしてください

住所、氏名、健康保険証などに変更があったときは、すみやかに住民課の高齢者・公費医療係に届出をしてください。

こんなとき 届出に必要なもの
篠栗町内で住所が変わったとき 子ども医療証、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード
他の市町村から篠栗町に転入するとき お子さんの氏名が載った健康保険証、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード
(※注)2歳から中学校就学前までのお子さんがいる場合、所得証明書もしくは認定済証明書が必要な場合があります。詳しくはお問い合わせください。
篠栗町から他の市町村へ転出するとき 子ども医療証(回収します)、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード
氏名が変わったとき 子ども医療証、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード
加入している健康保険が変わったとき お子さんの氏名が載った健康保険証、子ども医療証、印鑑(シャチハタ不可)、申請者および手続が必要な人の個人番号カードまたは通知カード
重度障害者医療またはひとり親家庭等医療の対象者となったとき お子さんの氏名が載った健康保険証、子ども医療証(回収します)、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード
交通事故など第三者の行為により医療証を使用するとき お子さんの氏名が載った健康保険証、子ども医療証、印鑑(シャチハタ不可)、事故証明書
生活保護(医療扶助)を受けるようになったとき 保護開始決定通知書、子ども医療証(回収します)、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード
死亡したとき 子ども医療証(回収します)、印鑑(シャチハタ不可)、保護者およびお子さんの個人番号カードまたは通知カード

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 住民課 高齢者・公費医療係
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111