平成26年度の篠栗町の決算

決算で見える 町の将来

平成26年度の一般会計と特別会計、公営企業会計の決算が町議会9月定例会で認定されました。
町財政の中心となる一般会計の決算額は、歳入総額97億9,899万8千円、歳出総額94億220万円となり、歳入・歳出の差し引き額は3億9679万8千円の黒字決算となりました。
詳しくは「平成26年度 決算の詳細」の各項目をご覧ください。

平成26年度 決算の詳細

  1. 決算の概要
  2. 決算の特徴
  3. 歳出の主な事業と内訳
  4. 経常収支比率と推移
  5. 特別会計・企業会計
  6. 財政健全化判断比率
  7. 財務に関する4つの表 (財務4表)
  8. 決算書

    1.決算の概要

平成26年度は、平成25年度と比べ、歳入では約1億2,264万1千円の減、歳出では約1億1,301万円の減となっています。

町民1人当たりの町税額・支出額

平成27年3月31日現在の住民基本台帳人口(31,533人)で町民1人当たりに換算してみると、歳入のうち「町税」は町民1人当たり9万5,955円の負担となります。内訳は、「町民税」がトップで4万7,823円、以下「固定資産税」「市町村たばこ税」「軽自動車税」です。
次に歳出を目的別に見てみると、町民1人当たりに使われたお金は、総額で29万8,170円となりました。最も多いのが「民生費」で8万8,467円、次いで「総務費」が4万2,968円、「公債費」が3万7,979円となっています。
町民1人当たりの町税額と支出額を比較すると、1人当たり20万2,215円の差があります。この不足額の大部分が、「地方交付税」や「国・県からの支出金」「使用料や手数料」などで賄われたことになります。

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

2.決算の特徴

歳入では、町民税の減収で、町税が減収となっています。また、地方交付税や地方譲与税は国の政策で減っています。その他の国からの交付金は、経済などの状況により増加となりました。町債は、バイオマストイレの建設で増加しています。財産収入は、基金の運用益および不動産収入により約3,900円の増加となりました。
 

平成25年度 一般会計の歳入(クリックすると拡大して表示されます)

歳出では、民生費で、臨時福祉給付金および子育て世帯臨時特例給付金の支給事業の実施などにより増額となっています。また、総務費は、社会保障・税番号制度導入に伴うシステムの整備、農林水産業費は、林道(作業道)の改良工事、町有林の間伐施業および整備の実施などで増額となりました。一方、公債費は、前年度までに実施した繰上げ償還の影響もあり、償還金額が減少しました。

平成25年度 一般会計の歳出(クリックすると拡大して表示されます)

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

3.歳出の主な事業と内訳

歳出の主な事業と内訳については、次のPDFファイルをご覧ください。
平成26年度 歳出の主な事業と内訳(PDF形式:433KB)

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

4.経常収支比率と推移

経常収支比率
年度 篠栗町 糟屋地区平均 福岡県平均
平成26年度 95.1% 90.7% 91.5%
平成25年度 90.4% 88.5% 89.7%

基金と地方債
区分 基金(町の預金) 地方債(町の借金)
平成26年度末残高 2,813,339千円 7,443,190千円
人口1人当たり 89千円 236千円
人口31,533人(平成27年3月31日現在)

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

5.特別会計・企業会計

特別会計は、特定事業の歳入・歳出を一般の歳入・歳出と区別して個別に処理する会計で、町には、下表のとおり特別会計が2会計、企業会計が2会計あります。
国民健康保険特別会計は、前年度と比べて赤字額が6,777万7千円減少しましたが、引き続き厳しい財政状況といわざるを得ません。
今後の対策としては、保険事業として特定検診の受診率向上を推進していくことで、疾病の重病化を防ぎ、医療費を抑制するとともに、国民健康保険税の収納率の向上を目指し、徴収吏員のさらなる技術の向上を図り、税務課との連携(通知書などの一括発送を行うことで無駄をなくすなど)を強化していきます。また、レセプト点検を強化することで医療費の適正化を図り、なお一層の効率的な運営に努力していきます。

特別会計
区分 歳入 歳出 差引
国民健康保険特別会計 3,305,796千円 3,390,642千円 △84,846千円
後期高齢者医療特別会計 352,023千円 351,008千円 1,015千円
3,657,819千円 3,741,650千円 △83,831千円

企業会計(水道事業会計)
区分 歳入 歳出 差引
収益的収入および支出 471,797千円 499,654千円 △27,857千円
資本的収入および支出 0円 127,986千円 △127,986千円
※収益的収入額が収益的支出額に対して不足する27,857千円は、繰越利益剰余金27,857千円で補てんしました。資本的収入額が資本的支出額に対して不足する127,986千円は、当年度消費税資本的収支調整額2,291千円及び損益勘定留保資金105,108千円で補てんし、残額は減債積立金取崩額20,587千円で補てんしました。
企業会計(流域関連公共下水道事業会計)
区分 歳入 歳出 差引
収益的収入および支出 803,855千円 789,121千円 14,734千円
資本的収入および支出 309,148千円 399,810千円 △90,662千円
※資本的収入額が資本的支出額に対して不足する90,662千円は、当年度利益剰余金処分額16,616千円及び当年度損益勘定留保資金74,046千円で補てんしました。

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

6.財政健全化判断比率

健全化判断比率

平成26年度の町の健全化判断比率は、いずれも健全段階です

健全化判断比率は、市町村など地方公共団体の財政状況などを表す新たな指標であり、次の4指標のことをいいます。健全化判断比率のいずれかが早期健全化段階(イエローカード)・再生段階(レッドカード)になると、財政健全化の措置が義務付けられます。

健全化判断比率の状況
年度 実質赤字比率 連結実質赤字比率 実質公債費比率 将来負担比率
26 ― (14.26%) ― (19.26%) 7.3 (25.0%) ― (350.0%)
25 ― (14.25%) ― (19.25%) 7.1 (25.0%) ― (350.0%)

資金不足比率

いずれの事業も黒字決算で資金不足がないため、健全段階です

資金不足は、水道事業などの公営企業の赤字が、その事業の年間収益のどのくらいの割合になるかを表す指標で、町の財政における健全化判断比率のように、この指標が基準に達した事業は、経営の改善が義務付けられます。

平成26年度 資金不足比率の状況
区分 平成26年度 平成25年度
資金不足比率
経営健全化基準 20.0% 20.0%

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

7.財務に関する4つの表 (財務4表)

篠栗町では、「現金主義、単式簿記(※1)」に基づく地方自治体の決算に加え、平成20年度から「発生主義、複式簿記(※2)」の考え方に基づき作成した財務諸表を公表しています。
(※1・2)合計額は、各項目での端数処理の関係で一致しません。

平成26年度 単体会計の財務4表(PDF形式:1.7MB)

財務4表を用いた財務分析

財務4表には、町の財政に関する多くの情報が表示されており、財務4表に表示した情報を組み合わせることで、さまざまな情報を得ることができます。

区分 平成26年度 平成25年度 比較
各年度末人口(3月31日) 31,533人 31,537人 △4人
1.資産(町の資産の合計/人口) 201万4千円 194万1千円 △7万3千円
2.地方債(地方債残高/人口) 49万1千円 51万4千円 △2万3千円
3.人件費(職員人件費、議員報酬など/人口) 3万4千円 6万円 △2万6千円
4.純経常費用(経常的な行政サービス費用/人口) 33万5千円 30万5千円 1万円
5.税収(町税、地方譲与税などの収入/人口) 11万円 10万9千円 1千円

人的サービスや給付サービスなどの経常的な費用である行政コストは、平成26年度も社会保障関係費などに重点を置いた施策を反映し増加しました。
また、建物や道路などの資産形成につながる金融、非金融資産、負債、純資産は昨年度に引き続き、縮小しました。これは下水道施設をはじめとするインフラ資産や事業用資産の形成がひと段落しており、維持補修に重点を置いた施策に努めた結果です。
以上のことから、昨年度同様にハード事業からソフト事業に重点を移している様子がうかがえます。

「平成26年度 決算の詳細」へ戻る

8.決算書

町の決算書の内容をPDF形式でご覧いただけます。

平成26年度篠栗町一般会計歳入歳出決算書(PDF形式)

平成26年度篠栗町国民健康保険特別会計決算書(PDF形式)

平成26年度篠栗町後期高齢者医療特別会計決算書(PDF形式)

平成26年度篠栗町流域関連公共下水道事業会計歳入歳出決算書(PDF形式)

平成26年度篠栗町水道事業会計歳入歳出決算書(PDF形式)
 
「平成26年度 決算の詳細」へ戻る
このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 財政課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111



アドビリーダー提供している様式はPDF形式で作成されています。
PDF形式のファイルを開くにはAdobe社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてご利用ください。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(外部リンク)