検察審査会

検察審査会とは

検察審査会とは、選挙権を有する国民の中からくじで選ばれた11人の検察審査員が、一般国民を代表して検察官が被疑者(犯罪の嫌疑を受けている人)を裁判にかけなかったこと(不起訴処分)の良し悪しを審査する組織です。

検察審査員とは

検察審査員とは、選挙人名簿から無作為で選ばれ、市区町村の選挙管理委員会は毎年9月2日登録日現在の選挙人名簿登録者数に基づき、検察審査会事務局長から割り当てられた候補者数の倍数を選挙人名簿に登録されている人の中から、くじにより検察審査員候補者の予定者として選び、その氏名、住所及び生年月日を記載した検察審査員候補者名簿を調製し、検察審査会事務局へ送付します。
検察審査会事務局では、管轄内の市区町村の選挙管理委員会から選ばれた方の中から検察審査会事務局長が、くじで検察審査員を選び、検察審査員に欠員が出た場合や検察審査会議に出席できなくなった場合に備えて、同じ方法で同数の補充員が選ばれます。
検察審査会は、犯罪の被害にあった人や犯罪を告訴・告発した人から、検察官の不起訴処分を不服として検察審査会に申し立てがあった時に審査を始めます。いわば一般国民を代表して不起訴処分の当否の審査にあたることとなります。裁判や法律などについて特別の知識を持っている必要はありません。一般の方々の良識において、検察官が不起訴処分とした事件の取扱いが妥当であるかを判断すればよいのです。
検察審査員の任期は6か月です。

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 住民課 選挙係
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111