「第6次篠栗町総合計画(案)」に係る意見募集の結果について

意見集計結果

「第6次篠栗町総合計画(案)」に係る意見    2件

意見内容

①健康寿命延伸に関する意見(PDF形式:395KB)

②再生可能エネルギに関する意見(PDF形式:147KB)

意見への回答について

①への回答

常日頃より、篠栗町保健行政にご理解ご協力頂き、また、具体的なプロジェクトの提案を頂きありがとうございます。
今回頂きましたパブリックコメント内の健康寿命の延伸にむけた町の取り組みについてご報告いたします。
本町では、健康寿命の延伸に向け、篠栗町健康増進計画【平成30年~平成35年】の策定に取り組んでいるところです。健康増進計画では、乳幼児から高齢者まであらゆる世代の町民がこころもからだも健やかで生涯健康で暮らすことができるよう、各ライフステージの健康課題やニーズを把握し、その対策や目標を掲げ、取組む方策を定めるようにしています。特に、健康寿命の延伸には、生活習慣病の発症予防と重症化対策、介護予防対策が重要であり、生活習慣や社会環境の改善にきめ細かく対応していくための施策が必要と考えております。
また、高齢者福祉分野におきましても、同様に篠栗町高齢者保健福祉計画【平成30年~平成32年】の策定に取り組んでおり、すべての高齢者に対して心身の健康の保持及び日常生活を維持するために必要な措置が講じられるよう、高齢者福祉サービス全般にわたる方策を定めるようにしています。高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けていただくために、地域住民と行政等との協働による包括的支援体制づくりを進めて参ります。
これらの施策を総合的・包括的に実施していくために、地域や学校、企業、関係団体など社会全体で町民の健康づくりを支援し、町民と共に健康づくりを推進するための協議会の設置や、地域での健康づくり普及のための取組を検討しております。
今後、国の動向や篠栗町の地域特性を踏まえ、ご提案頂いた活動や企画にもありました町の社会資源を活用した新たな健康づくり支援や魅力ある町づくりに推進して参ります。

【所管課】
篠栗町健康課(オアシス篠栗内) ℡092-947-8888
 

②への回答

 篠栗町の自然環境を活かしたエネルギーの地産地消に関するご意見ありがとうございます。

 未来を見据えた再生可能エネルギーを活用した事業は、これから推し進めて行かなければならない重要な事業と考えております。
 本町では、平成26年度に地域資源を活用とエネルギーの多様性に資する太陽光発電設備導入可能性調査として、クリエイト篠栗に太陽光パネルを設置し、売電収入を得る事業を検討しましたが、電力会社からの買い取り単価が下がったことから設置を見送っているところです。
 また、ご提言の鳴淵ダムの水力発電については、福岡県河川課において平成25年頃に県営ダムの小水力事業導入可能性調査が実施され、鳴淵ダムの構造が発電に不向きな形状であることから改修に多大な費用を要し、事業性が見込めないとの結果が出ております。
とはいえ、再生エネルギーの活用は、重要な要素と捉え、バイオマスや小水力発電の可能性を探りながら環境にやさしいエネルギーの活用に向けた調査検討を進めたいと考えております。
 次に新電力の件ですが、本町におきましても高圧・低圧契約における電力需給を受けています。新電力導入につきましては、他市町の導入状況を分析し、財政的有利性の確保を求めながら進めてまいります。

【所管課】
役場まちづくり課 ℡092-947-1201