下水道事業経営戦略


 篠栗町の下水道事業は、平成25年度には計画区域510haのうち509.5haを整備し終えており、現在は、維持管理や長寿命化に重点を置いた運営形態へと移行しています。また、会計、経理の面では、平成26年度に、地方公営企業法を適用した公営企業会計に移行しており、概ね順調に運営してきました。

 

 しかしながら、社会の潮流は、少子高齢化や人口減少時代の到来、節水型社会への変化など転換期を迎えており、篠栗町においても、今後の下水道事業運営に大きな影響を及ぼすことが予想されています。

 

 そこで、限られた財源の中で経営環境の変化に適切に対応し、一層の経営基盤の強化を図ることにより、今後も下水道サービスを持続的かつ安定的に提供していくための指針として、経営戦略を策定しました。
 

計画期間

   平成29年度から平成38年度まで(10年間)

経営戦略

   篠栗町下水道事業経営戦略【全体版】(PDF形式:760KB)
   篠栗町下水道事業経営戦略【概要版】(PDF形式:110KB)



このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 上下水道課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111


アドビリーダー提供している様式はPDF形式で作成されています。
PDF形式のファイルを開くにはAdobe社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてご利用ください。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(外部リンク)