情報公開制度

情報公開制度とは

篠栗町では、情報公開条例・規則、個人情報保護条例・規則を制定し、平成14年4月1日から施行しました。
情報公開制度は、公正で開かれた町政の推進と個人(住民)の権利利益の保護を目的とした大切な制度ですので、制度を正しく理解していただき、適正な活用と運用にご協力いただけるよう、ここに概要を掲載いたします。

情報公開制度の目的とは

町民と町との信頼関係を深め、公正で民主的な町政の推進に資することを目的としています。
情報の開示請求は、何人でもすることができます。

公開の対象となる情報

町が管理している情報で、平成12年4月1日以降に作成、または取得した情報が対象になります。

実施機関

町長、教育委員会、監査委員、選挙管理委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、公営企業管理者、土地開発公社および議会が対象となります。

請求の手続き

情報の開示請求をされる方は、役場2階総務課の窓口にて所定の請求書に必要事項を記入・押印して提出してください。

 情報開示請求書(PDF形式:55.5KB)
 情報開示請求書(Word形式;54.8KB)

開示・不開示等の決定

請求書を受け付けた日から起算して、15日(最長45日)以内に、請求のあった情報を開示するか否かの決定を行うとともに、請求者に通知します。

開示請求にかかる費用

郵送料など、その他のものについては、実費を負担していただきます。

開示することができない情報(不開示情報)

  1. 法令等の定めにより開示することができないもの
  2. 個人に関する情報で、特定の個人が識別されるもの
  3. 法人や事業を営む個人の情報で、開示することにより事業運営上、不利益を与えるもの
  4. 審議・協議・検討・調査・研究等の意思決定前の情報で、公開により意思決定に著しく支障があるもの
  5. 検査・試験・交渉等の情報で、公開により町政の公正、適正な執行に著しく支障があるもの
  6. 公共の安全と秩序の維持に支障のあるもの
  7. 公にしないとの条件で任意に提供された情報

不服申立て

不開示等の決定に不服があるときは、その決定を知った日から60日以内に行政不服審査法に基づき、不服申立ての請求ができます。
この場合、実施機関は学識経験者等で構成される「篠栗町情報公開・個人情報保護審査会」に対し、請求書を受理した日から起算して15日以内に審査を求め、その答申(意見)を尊重し、当該不服申立てについての決定を行い、請求者に通知します。

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 総務課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111