徘徊高齢者捜してメール

「徘徊高齢者捜してメール」は、事前に登録された方が行方不明になったとき、捜索に協力してくれる協力サポーターや協力事業者の方にメールを一斉配信するものです。
認知症になると、徘徊により道に迷ったり家がわからなくなったりして、事故などの危険が伴うこともあり、ご家族はとても心配です。
徘徊により行方不明になったときにできるだけ早く発見・保護するため、「徘徊高齢者捜してメール」を活用しませんか?また、捜索に協力してくれる協力サポーター・協力事業所の登録もお願いします。

徘徊高齢者捜してメール(捜索時の流れ)

徘徊高齢者捜してメール チラシ(PDF形式:973KB)

徘徊が心配なので利用したい方

  1. まずは、事前登録が必要です。
    登録対象者がお住まいの市町の高齢者担当窓口または地域包括支援センターで登録を申請してください。登録申請の際は、窓口にお越しになる方の印鑑、登録対象者の写真(撮影から6か月以内、正面・無帽で顔が大きく写ったもの)をご持参ください。
  2. 登録者が行方不明になったら、粕屋警察署に連絡し、行方不明届を出してください。
  3. 警察署に行方不明届を出した後、「徘徊相談ダイヤル( 0120-725048)」へご連絡ください。
    「徘徊相談ダイヤル」は365日、8時~20時対応します。
  4. 警察署から発見の連絡があったら、再度「徘徊相談ダイヤル( 0120-725048)」へご連絡ください。
    協力サポーターや協力事業者の方へお礼メールを配信し、捜索依頼を解除します。
  5. 後日「徘徊相談ダイヤル」から発見の状況などをお尋ねします。

徘徊による行方不明者の捜索ご協力いただける方

  1. 登録用アドレス( support@req.jp )に空メールを送信してください。
    メールの題名や本文は不要です。
    バーコードリーダ機能付きの携帯電話であれば、下記のバーコードもご利用できます。
    徘徊高齢者捜してメール 協力サポーター・協力事業者登録用バーコード 
  2. 数分以内に登録のためのメールが送られてきますので、受信メールのURLをクリックしてください。
    登録フォームに必要事項を入力し、登録ボタンをクリックすると登録完了です。
  3. 事前登録された方が行方不明になった場合、メールを配信します。
    メール配信は365日、8時~20時に行います。情報に当てはまる人を意識していただき、発見した場合はメール内に記載された警察署にご連絡ください。

ご利用時の注意点

詳細は、利用規約をご確認ください。
篠栗町徘徊高齢者等捜してメール事業利用規約(PDF形式:158KB)

このページに関するお問い合わせ

篠栗町役場 福祉課
〒811-2492 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4855番地5
電話:092-947-1111



アドビリーダー提供している様式はPDF形式で作成されています。
PDF形式のファイルを開くにはAdobe社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてご利用ください。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(外部リンク)