袖摺岩(そですりいわ)


袖摺岩イラスト

篠栗町の南端、須恵町との町境には霊峰若杉山(標高681メートル)がそびえており、頂上には太祖宮の上宮が鎮座し、篠栗町を見守っています。
この太祖宮の裏にある大杉(福岡県指定天然記念物)を横切り、奥の院に至る険しい遍路道を行くと、行く手を拒むように二枚の巨石が両面に切り立っています。
この岩は「袖摺岩(そですりいわ)」と呼ばれ、足一本がやっと通るくらいの隙間しかありません。昔から悪いことをした人や、罪深い人はこの岩間に足が挟まって、通り抜けることが出来ないといわれています。
地元の古老によると、「私は以前、茶屋の番人をしていました。ある日、岩場のほうから悲鳴が聞こえてきたので、そこへ行ってみると、中年の女性が岩の間に立ちすくみ、真っ青になってうちふるえていました。すると奥の院の方から僧侶が現れ、大声で読経を始めました。読経の途中その女性に向かって、『懺悔しなさい、ざんげしなさい』と説教すると、女性はすかさず大声で何事かを叫びました。やがて読経の声と交錯して全山に響きわたるようになりました。何分たったでしょうか、女性の体が少しずつ、少しずつ動きはじめ、やっとのことでその岩間を通り抜けることができました。」と話してくれました。
この岩間は、別名「挟み岩(はさみいわ)」ともいい、はるか昔、密教を伝授する為に唐から渡航された善無畏三蔵が念力で押し開いたと言い伝えられています。
今ではそこには鉄の鎖が通り、安全に通ることが出来ます。

『篠栗町誌(民俗編)』より


このページに関するお問い合わせ

篠栗町歴史民俗資料室
〒811-2405 福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗4754番地
電話:092-947-1790